マンスリーマンション選びで見落としがちなポイントは近隣環境

マンスリーマンション選びで見落としがちなポイントは近隣環境

交通アクセスは情報どおりとは限らない

物件情報には最寄駅から徒歩〇分などといったアクセス情報が掲載されています。この情報は物件を決める際にも重要な条件のひとつとなりますが、中には物件をよりよく見せるために、アクセス時にかかる時間を短縮して表示しているケースも存在します。そのため、例えば最寄駅から物件までの所要時間は実際に内覧をしに現地へ行く際などに独自に計測してみるようにし、物件情報に記載された内容をそのまま鵜呑みにしないことも重要です。

コンビニ・スーパーなどの買い物環境をチェック

日常生活を送る上では当然食品や日用品の買い物に行かなければなりません。そのため、物件情報には最寄りのスーパーやコンビニなどの情報が記載されていることがほとんどです。このような買い物環境に関する情報はマンスリーマンションの物件情報においても同様に掲載されているため、物件を選ぶ際にはそれを参考にし、可能であればマンションからお店までの所要時間や売られている商品の価格帯などを独自に調べ、物件を比較する際の基準としてみるのもよいでしょう。

駅近でも喧騒や電車の音に敏感な人は要注意

仕事上の理由でマンスリーマンションを利用される場合、通勤がしやすいよう駅に近い物件を探す方も多いかもしれません。当然、駅に近い物件であれば通勤時間を短縮できるといったメリットがありますが、その一方で駅の周辺は飲食店が多く、深夜でも賑わっていることが多いため、喧騒や電車の音などが気になるという方は避けたほうがよいでしょう。また、そのような方は内覧時に窓を開け、外の騒音がどの程度室内で聞こえるかチェックしてみるのもおすすめです。