ホテルの連泊ではなくマンスリーマンションを選びたくなるその魅力

ホテルの連泊ではなくマンスリーマンションを選びたくなるその魅力

部屋の広さ

マンスリーマンションはホテルと違い、間取りを自由に選べることが魅力のひとつです。そのため、短期間の利用で最低限の設備さえあれば構わないという場合は、狭い部屋を選択することができます。逆に、利用期間が長く快適な生活を送りたいという場合は、広くて設備の整った部屋を選択されると良いでしょう。複数人で利用する場合には、広い間取りの部屋を利用し、それぞれのプライベートエリアを確保することもできます。

連泊利用時の費用

マンスリーマンションの利用料金には、その部屋の賃料だけでなく管理上の手数料や鍵の交換費、清掃費などが発生します。会社によって水道光熱費を賃料に含む場合や一律で徴収する場合、利用分だけ徴収する場合もあります。そのため、運営会社ごとの料金設定や利用する地域、部屋の広さにもよりますが、1ヶ月の連泊利用の場合、費用の目安は大体15~25万円前後を見ておくと良いでしょう。

調理も可能な揃った設備

マンスリーマンションの運営会社によっては、キッチン周りの調理器具や家電が充実していたり、お皿やコップなどの生活用品を豊富に取り揃えている部屋が用意されている場合があります。もし、マンスリーマンションに滞在している間、自分で調理を行うことも考えている場合は、部屋を探す段階でキッチン周りの設備を確認することも大切です。

自分のリズムで生活可能

マンスリーマンションを利用する際には、チェックインやチェックアウトを行う必要がありません。また、電子レンジや炊飯器など、ホテルにはない家電や大きなソファーやダイニングテーブル等の家具を設備している部屋も少なくありません。一人で利用する際にも複数人で利用する際にも、利用者に合ったリズムで生活を送れるのはありがたいですね。